御薬園(2011年4月)



日本庭園巡り(ホーム) > 御薬園

御薬園

御薬園(おやくえん)は、福島県会津若松市にある日本庭園です。会津松平氏庭園として国の名勝に指定されています。

訪問した時はまだNHK大河ドラマ「八重の桜」の放送開始前でしたが、駅前などでは早くもポスターが貼られていました。今回は鶴ヶ城に行った後にタクシーで御薬園に行きました。



まずは御薬園の入口と案内板です。案内板にもありますが、御薬園には薬用植物標本園もあります。というのも会津藩2代藩主保科正経(まさつね)が別荘に薬草園を作り、各種薬草栽培を試みたので「御薬園」と呼ばれるようになったからです。また3代藩主松平正容(まさたか)の時に、園匠の目黒浄定を招き本格的な遠州流の庭園が作庭されたそうです。

御薬園・入口 御薬園・案内板

御薬園の「薬用植物植物園」としての由来の案内がありました。昔は化学的な薬品などなかったでしょうから、御薬園の「薬用植物植物園」としての重要性が伝わってきます。残念なことに今回は薬用植物植物園側の写真を撮り損ねました(涙)。

御薬園・薬用植物植物園

次に御薬園の日本庭園のほうに行きました。立派な御茶屋御殿があります。こちらでは抹茶をいただくことができます。

御薬園・御茶屋御殿

御薬園は回遊式の庭園です。順路に沿って回遊していきました。ものすごく綺麗に手入れがされています。また立派な松の木が特に目立ちます。

御薬園1 御薬園・松の木 御薬園・滝 御薬園2 御薬園2

また御薬園ではガチョウがたくさんいて癒されます。餌も販売されていて餌をあげることもできました。

御薬園・ガチョウ1 御薬園・ガチョウ2

以上で御薬園の紹介は以上です。
震災からあまり日がたっていないこともあり会津若松全体で閑散としている感じでした。しかし「八重の桜」放送開始後はかなり人が会津若松に観光に来ていると聞いて嬉しく思いました。


御薬園のご案内

所在地会津若松市花春町8−1
アクセス周遊バス利用可能(HP参照してください)
開園時間午前8時30分〜午後5時まで
休園日
料金個人大人310円
公式サイト会津若松市観光公社
情報更新日2013/9/21

※情報が変更されている可能性があります。公式サイトを確認されてからお出かけすることをおすすめします。


御薬園の地図情報


日本庭園巡り(ホーム)に戻る


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO