大徳寺・龍源院(2010年9月)



日本庭園巡り(ホーム) > 大徳寺・龍源院

大徳寺・龍源院

龍源院(りょうげんいん)は臨済宗大本山大徳寺の塔頭(たっちゅう)で、方丈を中心に東西南北に設けられた庭園が見どころのお寺です。

大徳寺では、大仙院・高桐院・瑞峯院、そしてここ龍源院の4塔頭が常時公開おり、それぞれ良さがありつい足を運んでしまいます。



まずは龍源院の門をくぐっています。すぐに龍源院の案内板があります。

龍源院・入口 龍源院・案内板

龍源院に入ってすぐの左手側の書院南に最初の庭園、阿吽の石庭「滹沱底(こだてい)」があります。「滹沱底(こだてい)」は

龍源院・滹沱底1 龍源院・滹沱底2 龍源院・滹沱底3

次は方丈東側の坪庭「東滴壺(とうてきこ)」です。

龍源院・東滴壺1 龍源院・東滴壺2

続いて龍源院のメインとなる方丈南庭の「一枝坦(いつしたん)」です。

龍源院・一枝坦1 龍源院・一枝坦2 龍源院・一枝坦3 龍源院・一枝坦4 龍源院・一枝坦5

最後に方丈北庭の「龍吟庭(りょうぎんてい)」です。28個の庭石が配置された東西に長い庭で、中央に配置された長石が須弥山石で、その手前が遥拝石となります。

龍源院・龍吟庭1 龍源院・龍吟庭2

以上で龍源院の紹介は以上です。
ここ龍源院は、個人的に大徳寺の中では「大仙院」と並んで庭園がすばらしいお寺です。ちなみに「大仙院」は写真撮影禁止なのが残念です。ぜひ大徳寺に訪れてみてください。


龍源院のご案内

所在地京都市北区紫野大徳寺町53
アクセス京都市バス「大徳寺前」下車徒歩すぐ
開園時間午前9時〜午後4時30分
休園日
料金350円
公式サイト大徳寺公式
情報更新日2011/11/5

※情報が変更されている可能性があります。公式サイトを確認されてからお出かけすることをおすすめします。


龍源院の地図情報


日本庭園巡り(ホーム)に戻る


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO