旧芝離宮恩賜庭園(平成21年4月)



日本庭園巡り(ホーム) > 旧芝離宮恩賜庭園

旧芝離宮恩賜庭園(平成21年4月)

JR浜松町駅近くの旧芝離宮恩賜庭園に行ってきました。以前に仕事の用事で世界貿易センターに行ったとき、上から見たことがあり、なかなかまとまった回遊式庭園で、一度行ってみたいと思っていました。

旧芝離宮恩賜庭園は、江戸初期の大名庭園の一つで、延宝6年(1678年)に老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領し、藩地の小田原から庭師を呼んで庭園を造ったそうです。その当時の庭園は「楽壽園」と呼ばれていたそうです。その後は、幾人かの所有者を経たのち、幕末頃は紀州徳川家の芝御屋敷となり、更に明治4年には有栖川宮家の所有となり、同8年に宮内省が買上げ、翌9年に芝離宮となりました。翌年の大正13年1月には、皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として東京市に下賜され、園地の復旧と整備を施し、同年4月から一般公開されています。また、昭和54年6月には、文化財保護法による国の「名勝」に指定されています。



旧芝離宮恩賜庭園は、JR浜松町駅をでて、すぐのところに入口があります。

<旧芝離宮恩賜庭園・入り口>
旧芝離宮恩賜庭園・入り口1

<旧芝離宮恩賜庭園・案内板>
旧芝離宮恩賜庭園・庭園案内板

入ってすぐのところに受付があり、料金を払い、早速庭園の中に入ります。

<旧芝離宮恩賜庭園・庭園入口>
智積院・庭園入口

庭園の入口に入ってすぐ、ビルを借景とした綺麗な風景が広がっています。
庭園の順路に従って、旧芝離宮恩賜庭園を散策していきます。

<庭園外周>
旧芝離宮恩賜庭園・庭園外周1

旧芝離宮恩賜庭園・庭園外周2

旧芝離宮恩賜庭園・庭園外周3

また枯滝石組という、水を使わずに石だけで滝を表す石組がありました。
なかなかの迫力でした。

<枯滝石組>
旧芝離宮恩賜庭園・枯滝石組1

旧芝離宮恩賜庭園・枯滝石組2

旧芝離宮恩賜庭園・枯滝石組3

またちょうど桜が咲いている時期で、とても綺麗でした。

<旧芝離宮恩賜庭園の桜>
旧芝離宮恩賜庭園・桜1

旧芝離宮恩賜庭園・桜2

そのほかにも、旧芝離宮恩賜庭園が最初に作庭され、大久保忠朝の屋敷があったことの面影を残す、石柱がありました。 なんか遺跡みたいでした。

<石柱>
旧芝離宮恩賜庭園・石柱1

旧芝離宮恩賜庭園・石柱2

中島にも行けたので、行ってみました。無数の石組がありとっても迫力があります。

<中島>
旧芝離宮恩賜庭園・中島1

旧芝離宮恩賜庭園・中島2

旧芝離宮恩賜庭園・中島3

以上で旧芝離宮恩賜庭園の庭園は終わりです。
旧芝離宮恩賜庭園は、回遊式庭園としてとてもコンパクトにまとまっていて、とてもよかったです。奇をてらわずにオーソドックスに作庭した庭園でした。

旧芝離宮恩賜庭園のご案内

所在地 東京都港区海岸1−4−1
交通 ・JR浜松町駅北口徒歩1分
・都営地下鉄浅草線、大江戸線大門駅徒歩5分
拝観時間 午前9時から午後5時
(入園は午後4時30分まで)
料金 一般150円,65歳以上70円
小学生および都内在住・在学の中学生は無料
※20名以上の団体、2割引き。
公式サイト 旧芝離宮恩賜庭園
情報更新日 2009/10/30

※情報が変更されている可能性があります。公式サイトを確認されてからお出かけすることをおすすめします。


日本庭園巡り(ホーム)に戻る


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO